SEO対策の基本 -google SEO対策-

SEO対策の基本 google SEO (Search Engine Optimization) 検索エンジン最適化


googl SEO対策 > SEO対策の基本

SEO対策の基本 3大重要事項 「タイトル」 「キーワード」 「外部リンク」

SEO対策基本 最低限抑えよう

まず、METAタグのタイトルには必ずターゲットキーワードを使う。ターゲットキーワードを含んだサイト名にしてしまうと簡単です。 <h1>、<h2>、<strong>などのタグでターゲットキーワードを強調する。文章の中でさりげなく強調できるのがベストでしょう。

自サイト内でトップページに戻るアンカーテキストは、<a href=>Home</a>などとせず、 できるだけ<a href=>ターゲットキーワードを含んだサイト名</a>とした方がいいでしょう。 トップページのurl表記も戻り先は同じでも、http://www.+++.com/index.htmlなのか、http://www.+++.com/なのか、またはhttp://+++.com/なのか 統一すべきです。

検索エンジンにとっては、それぞれ別サイトとしてポイントを加算しますので、ポイントが無駄に分散するだけです。


SEO対策基本壱 タイトルは最重要

タイトルは、そのページを表す重要な題名です。また、検索ロボット系の検索結果には必ずタイトルが表示され、検索サイト利用者の大半は検索結果に表示され るタイトルで、探している内容かどうか?を判断します。必ず、そのページにあった、分かりやすいタイトルを付けましょう。


SEO対策基本弐 キーワードの選定

キーワードは1サイト6つぐらいに抑えます。そのうち最重要キーワードは一つに絞ります。2つ、3つ取り入れてしまうと力がばらけてしまい弱くなってしまい、逆効果なってしまいます。 キーワードはなるべく目立つ位置に置きます。

目立つ位置に置くことでキーワードをロボットに重要視させることができます。 またキーワードを繰り返すことにより強調することも出来ます。この場合はキーワードの密度に注意しないと逆に検索順位を下げられてしまう場合もあります。

キーワード密度とは、検索結果を下げられないよう適度なキーワードの出現回数を保つための測りみたいなものです。計算方法は 【キーワードの出現回数 ÷ 単語数 = キーワード密度】 という式です。

キーワードの絞り込み方」を、服というキーワードを例に挙げて説明すると、服というキーワードの意味は広く、和服や洋服など色々な意味が含まれています。ま た、服の中に含まれる和服というキーワードの中には浴衣や着物などこれも多くの意味を持ってきます。

つまり、服というキーワードには和服、洋服、着物、浴 衣など服で連想される意味合いを全て含んでいるため、検索エンジンで服と検索すると、服という言葉を含んだサイトを全てが表示されてしまいます。

しかし、 同じ服でも、もっと狭いキーワードの和服にすると、今度は洋服という意味合いは外れるので服よりも検索結果が少なくなります。これがキーワードの絞込みで す。つまり、キーワードを絞り込むとはキーワードの持つ意味を狭くしていくということです。


SEO対策基本参 リンクポピュラリティの基本

リンクポピュラリティとは簡単に言えば「たくさんの良いホームページからリンクされているページは、良いホームページである」という考え方のもとでの、検索エンジンのページに対する評価方法です。ページの人気投票のようなものと言い換える事も出来るでしょう。

Googleをはじめ、YST、MSNなど最近の検索エンジンはこのリンクポピュラリティを重視しているようです。一般的に、人は一定以上の評価を下したホームページにしかリンクを張らないものですから、その張られたリンクの質と量を評価する、この「リンクポピュラリティ」という概念は、検索エンジンが検索結果を有用に順位付けする為に、非常に優れているといえます。