googleサイトに登録 -google SEO対策-

googleサイトに登録 google SEO (Search Engine Optimization) 検索エンジン最適化


googl SEO対策 > googleサイトに登録

googleサイトに登録

サイトの登録

Google に URL を追加

Googleでサイト登録は出来ますが気休め程度に思っておいた方がいいみたいです。 しかし、まずは登録しないより登録した方がいい絶対にいいと思うので是非、登録してみて下さい。すぐにはGoogleのインデックス(データベース)に登録はされないので。


ウェブマスターを登録

ウェブマスター ツール

Google ウェブマスター ツールは、 Googleの検索クローラーとの問題を診断したり、GoogleSitemapといGoogleの定めた規格のサイトマップを登録することで、 Google のインデックスにより正確に登録されるようにするためのコンテンツです。サイトの評価を確認したりもできます。

CMSなどの動的なコンテンツでウェブページを作成した場合、Google検索エンジン対策として、ともて有効です。


インデックス化がSEOの第1歩

Googleのインデックスに自分のサイトのページが登録されるには、クローラーが自分のサイトを訪れる → しかも、何度か訪れるうちにサイト内の全ページがクロールされる → クロールされた情報がインデックス化される、という手順が必要です。


サイトマップの作成

SEOのためのサイトマップは2つある。一般ユーザーにナビゲーションなどの利便性をもたらすWeb版サイトマップと、ロボット巡回を促進する検索エンジン専用のXML版サイトマップである。Web版サイトマップもロボット巡回を促進する効果はあるし、各検索エンジン側もサイトに設置することを奨励している。

ロボットは通常、リンクをたどってやって来る。しかもすでにインデックスされているページのリンク、つまり検索エンジンに登録済みのページからリンクを受けていなければならないし、インデックス済みページからリンクを受けているからといって巡回が保証されるわけでもない。

 ロボットが来なければ何もはじまらないのに、サイトオーナーの思い通りにはならないところにじれったさがある。そして、XML版サイトマップこそは、他ページからのリンクというまどろっこしい手続きを飛ばして、つまり中抜きでダイレクトにロボットにページの存在を知らせることができる救いの神と期待ができそうなのである。

 よって、XML版サイトマップを用意したなら、われわれがやるべきことは、このサイトマップを検索エンジンに伝えることのみである。そうすれば遅かれ早かれ、ロボットはXML版サイトマップに記載されたわがサイトの各ページを巡回しはじめるだろう。


補足インデックス化は要注意

補足結果(補足インデックスとも呼ばれる)とは、Googleの検索結果上での現象。メインの検索データベースにではなく、補足的な(supplemental)情報であるとページがみなされた状態をいう。補足結果にあるページは通常のページよりも下位に表示されるとされている。 SEO業界でも以前から話題にされており、大筋では上記のようなものだとらえられている。

ページが補足結果に入る理由としては、コンテンツの量が足りない、複数ページの記事の2ページ目以降である、タイトルにキーワードを詰め込みすぎ、複製コンテンツである、などだと言われている。Googleウェブマスター向けヘルプセンターに、"補足結果" とは何ですか。という解説がある。