順位アップ対策 -google SEO対策-

順位アップ対策 google SEO (Search Engine Optimization) 検索エンジン最適化


googl SEO対策> 順位アップ対策

順位アップ対策

タイトル

タイトルは重要キーワードを一つに絞るか複数にするか先ず考え、一つならそのもの「キーワード」、あるいは「キーワードXX」が良いでしょう。「XXのキーワード」は弱い。

タイトルはアクセス数を決める一番重要な要素です。ご自分のサイトが何を発信しているかをいくつかのキーワード・類義語で考え、そのキーワードでタイトルを決め、<TITLE>タグ内と<H1>タグ内に設定します。

重要キーワードを類義語に置き換えた奇抜なタイトルはキーワード的には不利ですが、クリック率はアップするという裏腹な面があります。またクリック率がアップすると表示順位が上がると言われています。

タイトルはGoogleで全角21文字以内までにしてください、オーバーした場合区切り文字以降は表示されません。


H1タグ

H1のフォントはデフォルトではかなり大きく、スタイルシートなどである程度調整は可能です、が、あまり小さくしてはいけません。<H1>はひとつのページに1つ限りにしてください。多用すると「スパム行為」とみなされることがあります。


ミドルキーワードには専用ページ作成

ミドルキーワードには専用ページ作成してください、サイト内でいくつものキーワードを盛り込みすぎると1つのキーワードの威力が分散します。


文字強調

文字修飾(飾り=見栄え)と論理強調(重要キーワード)を使い分けます。論理強調を使うとココを強調したいという事がロボットに伝わります。 <STRONG> <B>等の使い分けが重要。1枚のページに<STRONG>を使うとしたら5個以内にするほうが良い。多用すると価値が分散するし、あまりに多すぎると「SEOスパム」としてみなされます。


リンクは静的テキストリンク

リンクは静的テキストリンクを使用します。例えば「SEO」と言うページがあった時に、SEOというテキストからリンクするのが最も効果的です。

相互リンクにおいて、バナーを使用しているページよりテキストを使用しているページからのリンクのほうが貢献度大です。

動的なページからのリンクは動的ページ自体が「googleページランク」的に劣るので、動的ページのリンク集に登録することはページランク的には効果無しと言われています。